プロフィール

のみ

Author:のみ
関東在住。思いついたらブログ更新

◎はまっているモノ・事
☆ダッフィー
次々にグッズがでまくっているので最近は買いそびれてしまうこともしばしば。
☆ビーズモチーフ作り
ディズニーキャラをはじめ、人に作ってあげるのが好き
☆一眼レフカメラ
キャノンEOS kiss X6iが愛機。
普段はSIGMA18-250mm
時々SIGMA10-20mmの広角レンズで撮るのが好き。
◎最近の私
約6年続けた講師の仕事を退職、これからしばしニート生活…というよりマタニティライフ突入!無事に出産できるのか、出産したらどうなっちゃうの?!人生何が起こるかわからない、がモットー。

最新記事

月別アーカイブ

アクセスカウンター

検索フォーム

本を読んで

先日「年内ブログ更新はこれでおわり」、なんて言ってみたものの

そうゆう風にピリオドを打ったときに限ってその後もだらだらと更新するものだ。

今回もそんなノリなわけ……。



友人に会いに上京した。でも予定よりも早くつく電車に乗ったことを目的地に着く10分くらい前に知ったため、予期せぬコーヒーブレイクタイムに突入。


電車の中では本を読んだ。持ち運びしずらいハードカバータイプの本だ。
普段本なんて読まないのに職場の仲間に勧められるがままに、暇つぶしに読んだものの……案外はまっている。

おそらくドラマ化したものだろう、本のタイトルだけではそのことには気付かなかった。物語の中盤で主人公の一人が「医者になる」というフレーズを読んでから
ずいぶん昔に夜お風呂から出てきて髪の毛を乾かしながらぼーっとNHKを見ていたときに、そんな言葉を言い放っている女の子を見たのを、なぜか鮮明に思い出した。
よく覚えていたものだ、自分の記憶力を誉めてやりたい。

でも言い換えればそれだけ印象的な場面だったのだろう。
残念ながらそのドラマを後にも先にも見ることはなかったのだが、今テレビではなく書物として再びその作品と出会うことになったのだ。


二時間近くかかる道のりを一往復、そして今日片道をかけて、あ、間にコーヒーブレイクが含まれているから6~7時間といったところであろうか、読むのにはまったく飽きなかった。


たまには本もいいね。
次回本屋さんに行ったら真っ先におすすめコーナーに行ってしまいそうだ。



「下流の宴」
林真理子さん著

プーの息子とフリーターの彼女が結婚を反対されたことを機に彼女が医大合格を目指すという話。それぞれの家族にまつわる話も深い。全体的に物語自体は非常に滑稽に思える。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nomiblog.blog22.fc2.com/tb.php/1481-b7196064

 | ホーム |  page top