プロフィール

のみ

Author:のみ
関東在住。思いついたらブログ更新

◎はまっているモノ・事
☆ダッフィー
次々にグッズがでまくっているので最近は買いそびれてしまうこともしばしば。
☆ビーズモチーフ作り
ディズニーキャラをはじめ、人に作ってあげるのが好き
☆一眼レフカメラ
キャノンEOS kiss X6iが愛機。
普段はSIGMA18-250mm
時々SIGMA10-20mmの広角レンズで撮るのが好き。
◎最近の私
約6年続けた講師の仕事を退職、これからしばしニート生活…というよりマタニティライフ突入!無事に出産できるのか、出産したらどうなっちゃうの?!人生何が起こるかわからない、がモットー。

最新記事

月別アーカイブ

アクセスカウンター

検索フォーム

「放」

DSCF0108.jpg




実はこの書は管理人、のみが書かせていただきました。

作品は大字書で創作作品「放」です(サイズ約120×90センチ)。



書を見せるのはこのブログでは今回が初めてのこととなります。

なぜお見せする事になったかというと


それなりにいい評価されたから…苦笑



六本木にある国立新美術館で授賞式&展示があったので行ってきて写真撮ってきました~



といっても、私はまだまだ下っ端でして、上にはもっともっといい作品を書かれた方が

たくさんいますし、いい賞もたくさんあります。

私の秀作は上からだと4番目くらいで下からだと3番目くらいです。

出展作品は1100くらい、その中で50人くらいが秀作です。



もう展示されていませんが、自分の作品が飾られるんだから

自分が観にいかなくて誰が見る!っていつも思うので観にいきました。


ちゃんとあるじゃん自分の作品。

放ってるじゃん、書を。



「放」を書こうと思ったきっかけは

昨年沖縄に行った時全身で感じた気持ちを放った時の気持ちを表わしたかったから。

ずっと書きたいと思っていた文字でした。


あの時の私はものすごく小さく萎縮していて、すべてがイヤだった。

でも旅行をきっかけに新しいものをたくさん得て

大きくなれた。


広いどこまでも続く海に溶けてなくなっていくような高さで車を走らせた時のあの感覚は

二度と味わえないと思う。

二度と来ないと思う。


そういった一瞬が、私が書いたこの書も同じなんです。



書けてよかったー、久々の受賞だし笑

数年に一回はとらないとねw






コメント

確かに初めて見た
2011-01-21 01:22 | まりよめ #- | URL [ 編集 ]

普段見せる機会なんてないからね。
2011-01-23 14:39 | のみ #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nomiblog.blog22.fc2.com/tb.php/1295-dee50ac4

 | ホーム |  page top