プロフィール

のみ

Author:のみ
関東在住。思いついたらブログ更新

◎はまっているモノ・事
☆ダッフィー
次々にグッズがでまくっているので最近は買いそびれてしまうこともしばしば。
☆ビーズモチーフ作り
ディズニーキャラをはじめ、人に作ってあげるのが好き
☆一眼レフカメラ
キャノンEOS kiss X6iが愛機。
普段はSIGMA18-250mm
時々SIGMA10-20mmの広角レンズで撮るのが好き。
◎最近の私
講師7年目。結婚と同時に始めた同居生活も早一年。毎日ストレスがたまるけれど、どこかで発散しなくちゃやってらんないっしょ。人生何が起こるかわからない、がモットー。

最新記事

月別アーカイブ

アクセスカウンター

検索フォーム

実質今日で夏休み終了。

今日は朝から運転免許の更新手続きに出かけた。
一応ゴールド。総距離数はたったの5万キロちょっと。
自分で長距離を運転したことはあるけれど
実際に遠出をする時は他の人が他の自動車で運転するからこうなってしまう。
できれば自分の運転で舞浜まで行きたかったけど…
いろいろ考えて電車で行ったほうが都合がよさげだと思うから行ったことはない。

さて、今日で実質夏休みも終わりでもうすぐ2学期だ。
とても湯鬱だ。このままひきこもりたい…でも、家に居続けるのも嫌だな。

しかし運転免許更新以外は本日はひきこもりデーである。
家に居るからお留守番も頼まれている。
何かとお客さんがくるからね。
こうして夏休みの間、今まで見えてこなかった嫁ぎ先の日中の様子がわかって少しは安堵。
次回は冬休みだが、どうなることやら。。。

久々に暇です

暇なことが幸せ~。

なーんにも予定がなくて
ゆっくりのびのび。

家事という家事は朝のうちに片付けたから
このあとはお昼ごはん作って、洗濯物乾いたらたたんで‥

夕飯作る頃までぐでぇ~‥


いいんです、きっとこれでいいんです。

私には私のペースがあるから、これでいいんです。
誰かに迷惑かけてたらダメだろうけど
迷惑はかけてないはずさ…

誰かが家の中にいるってだけで
その他の家族は仕事に専念できるってもんだし。
家に人が残ってるというのはある意味素晴らしいと思うのよね。

あ、つまりこれって
自分のぐでぐでさを正当化してるだけってことかな?(笑)

金メダルとそれ以外のメダル

日本がメダルラッシュですねー。
いつもオリンピックは興味ないんですが
いつも茶の間のテレビがオリンピックになってるから、おのずと見ているリオオリンピック。
選手一人ひとりにドラマがあるけど
このオリンピックの舞台に立てなかった選手もいるわけで。

もちろんそうゆう人にとっては
銀も銅も素晴らしいメダルに違いはないんだけど
選手一人ひとりが金メダルをとりたい!という思いを考慮すると‥
金メダル以外の選手には
“おつかれさま”とか“頑張ったね”の
言葉になるらしいよ。

“おめでとう”は金メダルの選手にふさわしいらしいよ。

でも、私は素人だし
選手の苦労は想像でもよくわからないから、どの選手にも“おめでとう”と言いたいな。

そんでもって、東京オリンピックでも活躍してね!って言いたいな。

4年後の東京オリンピック、選手も
私自身もどんなことになってるんだか。。。

小さな選手

久々にビーズで遊びました

マイヨジョーヌぱんだ

このロードバイクチャーム、
どこで手に入ったんだか完全に忘れましたが
見たことなかったから即買いした物。
ぱんだの隣にある凱旋門は
ダイソーでこの前たまたま見かけて衝動買いしたフィギュア。
金色だし、よく見ると細かいところはエセって感じだけど、なんとなーくいい雰囲気だったから買っといた。

トイレにでも飾ろうかな!

フランス旅行9日目

行きの飛行機の中でキャビィさんが「新婚さんですか?」と。
まあおそろいのTシャツを着ていたわけなんだが、それを見てとのこと。

JALからのささやかな贈り物
プラスチックで出来ている飛行機の模型とポストカード。こうゆう心遣いが嬉しいです。

飛行機にも慣れたし
あまりに遠かったフランスにも行けた私達。
旅行から戻ってきてしまえば日常になるが
そんな何気ない日常でも、時々このフランスでの出来事を思い出して幸せを思い出したいな。

フランス旅行8日目


滞在ホテルの朝食はずっとこんなかんじ
パリという国は緑色の野菜がとにかく少ない
とゆーか、見ない(笑)

東京で言うはとバスみたいな2階建てバスに乗って有名な場所を素通りするバスツアー。

ルーブル美術館


セーヌ川


ノートルダム寺院


エッフェル塔

有名な美術館には一切行っておりません‥何しに行ったの?と言われそうですが
少々趣味に偏ったコースになったんだから仕方ない。

午前はバスツアー
午後はギャラリー・ラファイエットなどの老舗のデパート巡り


プランタンで買ったラデュレのマカロン。東京にもあるらしい。
マカロンて、こんなに美味しいんだ‥!




シャルル・ド・ゴール空港
羽田空港の3.5倍の敷地らしい

帰りは地球が回ってるおかげでフライト時間が11時間くらいだという。
それでも長いけどね!
帰りは疲れ果ててずっと寝てました。
機内食は食欲がなくてあまり食べれなかった。

羽田について、バスの時間まで時間が少しあったので吉野家に行って牛丼をかっこんできた。すごく美味に感じた。

フランス旅行7日目

いよいよ夫が楽しみにしていたツール・ド・フランスの会場入り

朝9時半くらいの段階ではまだまだ設営段階。でも、ほしいものは買えちゃいました。

ツール最終日はこの美しい凱旋門を背景に選手がシャンゼリゼ通りを走り抜けるのです。黄色と黒の線が置かれはじめた


どの角度からでも絵になるぜ!


話は一気に飛んでいよいよツール・ド・フランス観戦!まずはキャラバンカー
ここらへんは有料放送のJ SPORTSでも放送しないらしいよ


パリはもにかくヴィッテルばっかり。


きた、いつもの飛行機!実物はテントのせいで見れてない!臨場感ある音だけ体験。


通り過ぎたあとの赤い煙


いよいよ選手きた!


日本人選手 新城幸也選手もこの通り!本物本物!!


表彰式。かなり遠かったけど臨場感があった。
さすがチームスカイ。生フルームに感動した~!!


実はここのラーメン2回目。
たぶん日本人が経営してるからクオリティが高めのラーメンセットが出てきたよ


まさかパリで餃子食べることになるとはね~(笑)


帰りはお散歩。夜のオペラ座見るのはじめて。
ここらへんは何回も歩かされた道なのさ。バス集合場所とホテルをつなぐ大きい通りだから
安全も兼ねてよく通った場所。
きっと、何十年経っても思い出になる場所。


きれいだね。
日没が22時くらいなのでこれでやっと23時くらい。


滞在ホテルの前。パリには駐車場がないため、道の両側が駐車場になるらしい。
どーりで、いつも車やバイクが連なってるわけだ。

かなり疲れた一日だけど、充実しまくった。

フランス旅行6日目

モンから帰ってきた翌日は
午前は買物デー
午後はヴェルサイユ宮殿見学ツアー
夜はフレンチディナー
の相変わらず盛り沢山なスケジュール
でも、やっとのんびりできたような日程。長距離移動がないからね!


凱旋門
凱旋門の真下には偉い人のお墓があるんだよー
どんな偉い人なのかは忘れちゃった、えへへ。

シャンゼリゼ通り
憧れの場所の一つ。有名なあの歌を歌いながら歩いてやったぜ!


まずはシャンゼリゼ通りが本店、ルイヴィトン
きちんとお買い物もしたよ!


もう一つの目的地、ディズニーストアシャンゼリゼ通り店


ここにもダッフィーはいない…とにかく、パリの街からダッフィーは消えたのです


ボタンを押すと左右に揺れます。これがやりたかった!パリ限定のミキミニのぬいぐるみを購入。その他付箋セットを買いたかったのだけれど
なんと中身がなかった。誰かが窃盗したらしい。
棚から他のものを取って交換、ということになったんだけど
他の3つも同じ状態だった。よって、「売れない」ということになり、買えなかった、、、パリらしい


フランスのお菓子マカロンのモチーフにもなった、この金の天使ちゃん。
まぁるく、ボコッとなってる天使のことをはじめマカロンと呼んでいたが
次第にお菓子のマカロンにの由来にも繋がったという

ルイ14世は太陽のように中心になりたかった人物!


夜のフレンチは高級なホテルの中に入っているフレンチレストランに行って食してきました。ワインのテイスティングもやったよー。教えてくれた(笑) 

フランス旅行4日目5日目

今回の旅の醍醐味となった一泊二日のモン・サン・ミッシェル。
日本人が好きな世界遺産の一つなんですが、パリ市内から高速道路を使っても4.5時間というとても遠いところ。
ノルマンディー上陸作戦の地。
戦争とかよくわかってない私にとってはピンと来なかったけど
夫は大喜び。そしてツール始発の場。3年連続とかでここからのスタートとなる。

P1010392.jpg
まずは名物のオムレツから。
これはこれでおいしかったよ、卵だけで作るなんてすごいよね

P1010397.jpg
牛とか羊とかが多い場所
一泊二日の中で牛もラム肉も食べることになるんだが
確かに臭みとか全くなくておいしかった。
相変わらずフライドポテトはつきものだったけど!!

P1010407.jpg
ついに来た!!!

P1010420.jpg
修道院までの街並み。
これほどお店があるのに島民は修道士を含めたったの21人だけ。

P1010447.jpg
だんだん中へ
天気が良くてモンはとても美しかった

P1010453.jpg
この修道院は日本の平安時代のころから存在するんだとか。
11世紀の頃らしい。増築や改修、当時の技術を駆使しまくってどんどん作っていった修道院。
島を正面に見て、時計回りのイメージで修道院を眺めると、その歴史を感じやすいんだとか。
確かに石の積み上げ方とか違ってみえる。

P1010475.jpg
ホタテの貝殻は幸せの証

P1010479.jpg
修道士がこの修道院を目指して旅をしてくるというが
たくさんの修道士がここで命を遂げた。その修道士の遺骨が
この部屋の奥側に続く部屋の階段分の高さだけ埋め立てられているんだとか。すんげー量じゃないですか・・・

P1010492.jpg
夫の肩にかもめのふんが落ちましたww

P1010500.jpg
モノクロ

P1010508.jpg
旅行の中でいくつもハプニングはありましたが
まさか予備のバッテリーが充電されてなかったことに気付いた時は泣きそうだった
このあとのモンの写真はミラーレスでは撮ることはできなく(当然美しい夜景も)
夫のスマホで対応しましたが、しょせんその程度。
私たちの脳裏に焼き付けるしか方法はないのでした・・・

夜景の絶景に言葉はでなかった。
頑張って来た甲斐があったね、とお互い幸せになったよ。

フランス旅行3日目

私にとってパリにいくための最大の目的日が
最初の日程に組まれているなんて激しすぎる…憧れの海外みっきーに会える、ディズニーランドパリに到着。

P1010090.jpg
ゲートのところで(はじめて)自販機で買った飲み物。コーラや水は売り切れなのさ。でも、これ結構おいしかった。

P1010100.jpg
まずは2つの大きなパークのうち、ディズニースタジオから。
ウォルトさんがお出迎えなのはどこでもなんだね!

P1010118.jpg
まったく乗る気がなかったけど、開園してなかなかお店が開いてくれないスタジオ。
仕方ないので手始めにトワイライトタワー(日本のSEAのタワテラ)。
うん、2度もてっぺんのよく見えちゃうところに招待されたよ苦笑
日本のよりも容赦なかった。おかげであたまクラクラ。
でもキャストがとてもチャーミングな男性で、役になりきってるしなかなか雰囲気が出てて面白かった。
そしておびえる私にウィンクするなど、優しかった。

P1010105.jpg
早く掃除おわしてくれよーww開園後の風景です

P1010208.jpg
ミッキーが魔法を使えるようになるためのショー(タイトルはフランス語のため不明!)鑑賞。
なんとミッキーの顔が上海仕様…違和感てんこ盛り。
キラキラしていてとてもよかった。英語フランス語療法だったかな。ミッキーはまばたきしてた。
ジーニーの頭はリアル人間の顔を青く染めていて演じられていたため恐怖ww

P1010097.jpg
さぁお次はランドへ!
バスツアーで滞在時間10時間のため、あわてて回るしかありません。
ヴィレッジでのお買い物はできませんでした。残念。

P1010219.jpg
おぉ!ここがゲート入ってすぐのエントランス!!!

P1010234.jpg
憧れのオーロラ城。
眠れる森の美女を観てない方は見ればわかります、城はピンクで女子力高め。

P1010287.jpg
スモールワールドは乗り場が外、という点以外は基本日本と同じ。

P1010286.jpg
パりオリジナルのアリスの巨大迷路。
行きたかったけど時間の問題で行けなかった。本気で挑まないと迷うらしい。中ではキャラグリも可能なんだとか。

P1010261.jpg
ミートミッキーマウス
やっと、会える。

P1010281.jpg
会えた!30分くらいで笑
この写真のほか、自分たちのカメラでも何枚か撮ってくれて
更にカメラマンのカメラ撮影が何枚もあり
ミート後は台紙月写真がすぐ買えるシステム。日本も導入してほしい。
おかげで台紙2枚も買っちゃったじゃないか。

P1010305.jpg
オーロラ城の中は
シンデレラ城と同じくガラスのお店が。

P1010158.jpg
大好きなダッフィー…はパリでは人気がなく衰退。
キャラグリもやらない始末。
グッズだけが、売れ残りかのように置いてある。なので私が救済!
この子は一人お持ち帰り。このほかベトナム製だけど、
もう一人は海外ダッフィー用のセーラー服を着せてお持ち帰り。

P1010160.jpg
チャイニーズクオリティなので買わなかったエッフェル塔フィギュア。
パレードは夕方に一度見た。15分くらいだったけど、雰囲気が味わえてよかった。
すわり身立ち見、みんなバラバラで統一感がなく、見やすさはなかったけど、
大人も子供もパレードに夢中だった。世界中で愛されるディズニー、すごい。涙が出そうになった

あっという間の10時間だった。足りなかった。
でもダッフィーがいないんじゃな…やっぱりサービスもお土産レベルも日本が上か。
日本は込みすぎてるけどね。
マニアックな客が多いからね。

すごく疲れたのに、心は潤ってパリの滞在ホテルに戻った私でした!!!
 | ホーム |  » page top