プロフィール

のみ

Author:のみ
関東在住。思いついたらブログ更新

◎はまっているモノ・事
☆ダッフィー
次々にグッズがでまくっているので最近は買いそびれてしまうこともしばしば。
☆ビーズモチーフ作り
ディズニーキャラをはじめ、人に作ってあげるのが好き
☆一眼レフカメラ
キャノンEOS kiss X6iが愛機。
普段はSIGMA18-250mm
時々SIGMA10-20mmの広角レンズで撮るのが好き。
◎最近の私
講師7年目。結婚と同時に始めた同居生活も早一年。毎日ストレスがたまるけれど、どこかで発散しなくちゃやってらんないっしょ。人生何が起こるかわからない、がモットー。

最新記事

月別アーカイブ

アクセスカウンター

検索フォーム

MMJK大会

先日の日曜日はとっても充実していたなぁ。

東京駅で被害にあったのも、書道行ったからだし。


その日はお昼すぎに先輩…いや、まり嫁さんと@に帰宅した(言い換えたのミソだからね)。


電気街改札の直ぐ近くにあるコトブキヤで集合したんだけど

気が付いたら後ろからつけられてた。まじでコワいんでヤメテクダサイ



さっそく@に向かう…

微妙に込む前だと言われていたが、さすが常連その通り、なんなく席に通されたよ。




カウンター席だったけどこの席はマネージャーがダメダメだからこの席なんだってさ。

バックヤードはよく把握してないけど

まり嫁さんはそうとうマネージャーがキライ。

とりあえず私の環境でいう「私とバカ社長」の位置関係にあたるから

その嫌さは詳しく聞かなくても本当にイヤなものなんだなと思う。




お目当てのメイドさんとは前回負けた豆つかみでゲームに挑んだ。

けど、ぼろ負け。すっごく得意みたい。


まり嫁さんはプロなようなので勝っていました。



写真も一緒に撮った。

前回とはまた違った感じ。楽しく撮れた。



写真を持ってきてくれたメイドさんもとてもかわいかったから更に写真を追加してしまって


DSCF3632.jpg
結局2枚になりました

シールは将棋崩しゲームで勝ったから(勝たせてくれたんだけど)ガチャポンやって出たもの




嬉しい事があって

メイドさんが私のことを覚えていてくれた事

私のブログを(まり嫁リンクで)読んでいる事



知ったときはびっくらこえたよ!!

まさかこの記事も…フフフ。

更新する甲斐があるよね~なんつって。




喫茶を堪能後、1回外に出てガチャポン会館へ。

かわいいキノコたちを見つけた。

プーさんが欲しかったからあれよあれよと100円を投資する事回す事
DSCF3635.jpg

…6回。全部そろっちゃったじゃぁぁん


被ったのはまり嫁にあげた。まぁ最後にほしいものが出るってゆうのはちょっとドラマだけどね~



ガチャポン後、いくあてもなかったから再び喫茶に行った。

なんかさっきより明らかに混んでる。

秋葉原を去る時間も気にし始めたけどなんとか喫茶に帰宅できた。




再びメイドさんに会ったら私が考えていた事、


"行くとこないので来ちゃいました"




またコイツ来たのかよ~って、いくら仕事だとしても私だったら思う。

だからせめて最大のフォローをしようと思った。




でも実際の所まり嫁さんは慣れていたからか何事もなかったかのように普通だし

メイドさんも普通に会話。



メイドさん…やっぱ接客のプロだな、と思った瞬間。



メイドさんとまり嫁さんの一瞬合致するアイコンタクト?みたいなものが

素人の私にはとても高い壁にしか思えなかったよ。





ただもしメイドさんがこれを読んでいるとしたら、

帰宅中言えなかったんだけど”色々とごくろうさま”と言ってあげたいな。

東京駅の行き交う人々

昨日はディズニーストアあり喫茶あり書道ありと

一日にしてなかなかハードな日程でした

おかげで今日は朝からクタクタよ~(泣)
それを自分で言ったことなのかどうなのかさえよく覚えてないくらい記憶にも支障をきたしてる…


そうなったのも………





新幹線遅れてるんだもーーーんっ!!!

私がたまに使う時くらいまともに動けよ!って本気でキレてたよ!



でも、それもまた運命なのか、東京駅の行き交う人々の中でこんなことがあった。









いつものように地元のローカル線の終電より一本前に乗れるようにお稽古場をあとにしようとしてた。


教室を去る前に先生は
「JRの東北新幹線だけが午前中から動いてないらしいわよ、少し早く帰ったら?」


すると他の人が
「午前中だったから今はおちついているかもね」


私はそれに安心して
「じゃあいつもの時間まで勉強させてください」


という流れでいつも時間に教室を出た。






帰りの切符は来るときに買っておいた。

スムーズに山手線にも乗れ
東京駅についておいしそうな秋の味覚の駅弁を買って新幹線改札にむかった。





すると改札付近でなにやら人だかり。
駅員もどことなく落ち着かない。



もしや………不安がよぎった。





見上げるとダイヤの電光掲示板が、二時間前の新幹線がまだ発車していない…






大幅に遅れていた。

とにかく早く帰れる線はどれだ?と自分でもパニックになり駅員に聞いたら

「一番上になってるあの線が早いんじゃないんですか」

と、なんだか私にとっては態度が気に入らなかった。

とにかく言われた通りにその線のホームに行った。





人は予想していたより並んでいなかった。

でも、みんなすごく待たされている状態だった。

私の後ろにはトランクと大きなボストンバッグを背負った4、50代の夫婦が並んだ。




私がケータイをいじっていると

後ろで夫婦たちは落ち着きながらも、何時頃帰れるんだろうとか、せっかく帰ってきたのにとか、話している。

私はケータイにも飽きて思い切って話し掛けた。





私「すみません…この電車どのくらいで発車するかご存じですか?」

夫「え、いや~私たちもわからないんですよ、とにかく東京についたとたんこんなことになっていてー」

奥さん「どちらまで行かれるんですか?」

私「宇都宮です」

奥さん「あら、同じですね!」

夫「せっかく九州から帰ってきたのにこれじゃタバコもロクに吸えないよ」


お互い一刻も早く帰れると良いですね、
と会話に区切りをつけ、会話は終わったかのように思えた。




少しして
相変わらず東北新幹線は動かない。

ローカル線も最終電車に乗るしかなくなったくらい時間が過ぎた。

すると後ろにいた旦那さんが

「もしかするとあっちの新幹線の方が早く出るな…」



確かに今立っているホームの掲示板より

もう一本向こうのホームの線の方が時間が早い。


私「行くなら今ですね!」

夫「私は妻が今トイレに行ってるから動けないから先に行ってくださいよ!」



ありがとうございました!!とお礼を言って私は足早にもう一本向こうのホームに駆けていった。





並んだ列には2人、私の母くらいの娘とその母らしき人が並んでいた。

その後に並んだ。



新幹線はホームに着いていたが清掃中、となっていた。

後ろを歩いていたおじさんが駅員に、この新幹線はいつ動くんだ?と聞いていた。

駅員は清掃中だし準備があるからいつ動くのかはわからない、と答えた。

清掃員のおばさんも無線で連絡してなんだか慌しい。

私は不安になってきた。本当に発車するんだろうかーーー…




すると

「あーよかったぁ!!」

と声がした。



さっきの旦那さんが私の目の前で立ち止まった。




夫「あの後ね駅員さんに聞いたらこっち(私がいるところ)よりさっきいた線の方が早く発車するんだって!」

私「え?!それでわざわざ…!!?」

夫「まぁいいんです、戻りましょう」




唖然とした。

わざわざホームから長い階段を下りてまた上らないとこっちのホームまで来れないのに!!




感謝の言葉を何回かに分けて継げた。

上り下りの階段で旦那さんと話をした。



私が宇都宮に着いてもローカル線に乗らなければならないこと

夫婦は宇都宮駅までで電車は終わりということ

九州から田舎に帰ってきて飛行機に乗ってきたこと



ほんの少しだけどお互いが何故ここにいるのかよく分かった。




私たちが元々立っていたところに奥さんが立っていた。

奥さんもニッコリと

奥さん「よこったわ、この人が変な事吹き込んだからとんでもないことになっちゃうところだったわよ」

夫「ホントだよ、すぐに探せる位置に立っていてよかった」



そう、

私は移動したホームでも、その夫婦のことがなんとなく気になって

夫婦とちょうどついになるくらいの位置に並んでいた。

ホーム全体が人が少なめだったからお互いは見える位置関係だった。




もし、私がわざと遠くの位置に並んでいたら…




ホームを移動するとき私が思いついたこの感が、ちょうど運を左右していたんだな。





その後まもなく新幹線は到着、乗り込む間際まで私たちはおしゃべりをした。




席に着くと、私の斜め後ろに座った夫婦のトランクが私にはひどくジャマに見えたので

よかったら私の横におきますか?と気を遣ってみたが断られた。

奥さんはありがとうございます、と言った。




私はもうお腹ペコペコ、とにかく駅弁を勢いよく食べた。

東京~宇都宮間は1時間もかからないくらい。


気が付いたらもう宇都宮だ。




ホームに着いて

私の少し先を夫婦が歩く。



もう、その時の距離はお互いなにもなかった、ただの新幹線の乗客になっていた。

結局夫婦はそのまま改札を出て遠くに歩いていった。

私は後をつけたわけじゃないけど

ちょうど見えたからどんどん離れていくのが分かった。





東京駅の人々、

行き交う人の群れ




様々な思いを抱えた人たちが

とても近い距離でまったく別の思いを抱えた人とすれ違う




ほんの少しの事で

その別々の思いが繋がる瞬間があるんだな。




やっぱり、東京って大きいところだな、と田舎娘の私は思いながら家路に着いた

久々に目黒行きの日記。

たぶん


いや自分のことだから正確に覚えてるけど


四月から目黒の書道に行ってない…




もう5回さぼってる。




確実にお稽古場の空気悪いだろうなぁ

でもいつかは行かなきゃいけないし

つーか毎月いかないと行けないんだし


今日は久々の封切りになるけど


その前にまり嫁さんと喫茶でお茶してくることにした………(笑)



だって東武線から行くと秋葉原経由なんだもーん!!

まっててね、まりあんぬ(>_<)

退職ロード2

いくら話しても埒があかないバカ社長との会話の途中で
机に叩きつけるくらいの勢いでサッと差し出した私の辞表。


そもそも辞表、って言葉は辞書で調べたら役職についてる人がつかう言葉なんだって。

私はただの事務員。この場合辞表じゃなくて「退職願」なんだわ。


バカな社長よね、私に辞表、辞表を早く出せ!って普段からどなってた。

人一倍日本語の使い方とか尊敬語には厳しいくせにそんなことも知らないのか。
愚かな人間ね。



その決戦日から一夜明けた昨日の土曜日の朝

さっそく呼び出しをくらった。



内容は退職日の日程と10月の土曜日休みの日程について。


ディズニー行きたかったから3連休にするため土曜日の休みを申請したら

退職願出す前は
お前はそんなこといえる立場じゃない、だなんて言ったくせに


私の希望日、なんなく受け入れられた。


これより気になる退職日の予定とゆうと
給料が20日〆の上
手続きのスムーズさを優先させると




11月20日




と予定された。



散々早く辞めろとか言ってたくせに結局おじ気付いてる様子だった。

11月の前に10月があるだろう、と私が強く主張したけど


あのバカ社長のことだ
あんまり意地張って強いことゆうと
肝心な離職票をもらえなくなるからなぁと自分を言い聞かせ

私はその話をのんだ。



一刻も早く辞めたい………

日程がほぼ決まったその日は、仕事はまったくやる気なく

気が付くとパソコンの脇にあるカレンダーを眺めていたよ。



あと11月20日まで50日くらい。私のカウントダウンが始まった。

退職ロード1

今夜書こうか時間空けようか
ちょっと悩んだんだけど結局ケータイから書き綴ることにした。



ホントに色々あったけど本日(九月26日付け)で




退職願、提出。




一年以上前に辞める辞めない騒動引き起こしてるけど
そのときは引き止められて思い止まってしまった。



あのときの私は悲しみながら辞めていく、とゆう感情だったが、今、それはない。



もう、なんのしがらみもない、って言ったらウソだけど

悲しいことより怒りのほうが大きいし

会社のこともどーでもよくなってきた




とにかく、すべてがイヤになった。


経営者側とは何を話しても無駄だったけど会話の途中に私が叩きつけた退職願。

今日は受け取ってくれただけで、なんの展開もなかったけど

辞めるまでの数十日、また一波乱も二波乱もありそーだ。



ニートしか道がないんで先を急ぐわけじゃないんだけど


とにかくどことなくスッキリとしてるのは

少しずつ辛かったことが肩から落ちていく気がしてならない。





あ、ちなみにこの退職までの道のり、シリーズ化してくからよろしく(苦笑)

のみランド25周年

ついにわたくし、



25周年迎えましたの、
オホホホホ~ッ、
ホホ、トホホ……



うぇぇぇえん!!

やばい、やばいよ、四捨五入とか取り入れちゃったらもっとやばいよ!


そんなこといったら友達の何人かはすでに25周年だよ、失礼だけども仲間に入りたくないよ!


なんとかならないかな、

いや、なんとかしないとな今年中に、色々とね。


祝ってくれた人、ありがとう!

長電話1時間半。

これを読んでるアナタ!!
ズバリ、


長電話する方ですか?






私は、イエース、オールウェイズ。





私の長電話する相手は会いたくてもなかなかすぐには会えない人ばかり。

長電話するくらいなら会っちゃったほうがいいじゃん!とか

むこうがかけてきた電話ならいいけどこっちからだと電話代がかさむからイヤ!とか


色々あると思いますが



久しい相手、話もはずんだときゃ~

あっとゆう間に一時間だわね。



ちなみに今夜は大学時代の友達と話しました。ネタはみんなでディズニー計画。
ま、そんなの最初のうちだけで、次第に仕事の愚痴や身の上話にもつれこむわけ。



もう何ヵ月も話さなかった人と、すぐに会話がなごむところとかは

平凡だけど心に優しい時間だな。



ただ若干の電話代が気になる、だって今回……………私からかけてるから…さ。

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ

8月25日に登場した今回の25周年お洋服。

本来ならこのブログでは今月の初旬にはアップされるはずなのに

今回は遅れました~


というのも、ディズニーでは今月12日にハロウィンがはじまり

その日にまたダッフィーのお洋服が発売されると知ったもんだから

単純に"送料がかさむ…"とケチな考えを抱いてしまったので

シンドバッドとハロウィンを同じ時期にしたからいつもの通販時期より遅れてしまったんです。



ま、私以外の人はどうでもいいことなんだけどね。
私のお財布事情が寂しいからこんなことになるんだけどね!


いつもより我慢した今回の通販。
しかし結果は…


全体の請求額が多くなったため手数料が増えてしまい、節約?は微々たるものになってしまいました…


意味ないじゃん!!のみのバカバカバk…




DSCF3621.jpg
一緒についてきたビニル袋とパンフ。
アラカルトのデザインがステキ


DSCF3622.jpg
毎回買うぬいぐるみバッチ。

ハロウィンかわいいなぁ。



私のお財布事情が寂しい故に
ハロウィンのお洋服は2種類出てたのに1種類しか買えませんでした。

頑張ればいくらでも買えるんだろうけど…
シリーズものだし去年の魔女風の服もあるし、まぁいっかなぁと。


でも、さっき某サイトみてたらかぼちゃダッフィーのほうが売れてるとの情報が!!
やっぱ欲しくなってきたなぁ。



でもでも、
他にも写真たてとかハロウィンリースなんかがでてるってゆうから
他にもどんどん欲しくなってしまう…


もし、ハロウィン期間中にダッフィーのところに行く事が出来たら
現地で大量衝動買いしてしまいそうで怖いわぁぁ!!


DSCF3628.jpg
みんなも僕を持ち帰ってね!なんてね。うわぁかわいいゼィ。

夢よぉ~ひらけぃ~5

~前回までのあらすじ~

偶然プーさんきぐるみを手に入れたダッフィー。
セーラーダッフィーはそれまでダッフィーが着てたスペースマウンテン服をお下がりで着続けていました。でも、そろそろ季節も変わるし新しい服がほしいなぁと思っていたのでした。




DSCF3602.jpg
「このプーさんかわいいんだけどお腹辺りがもふもふしすぎててちょっとキツイや」

「僕もそろそろ新しいキャストになりたいなぁ」

DSCF3603.jpg
「あれ、なぁにこれ?おせんべい?」


DSCF3605.jpg
「メダルにも見えるけど…」



と、その時!!!



DSCF3606.jpg
「おっ!?」


DSCF3607.jpg
「かぼちゃ色??」


DSCF3608.jpg
「ハロウィンセーラー服に変身だぁ!」




DSCF3609.jpg
「僕だって!!!カギよ、お願いっ!!!」


DSCF3610.jpg
「おっと!」


DSCF3611.jpg
「しぶめのこの服は~~??」


DSCF3614.jpg
「25周年のマークということで」


DSCF3615.jpg
「シンドバッド・ブックストーリー・ヴォヤッジキャストに変身だぁ!帽子つけられないケド」



DSCF3619.jpg
「すごいよセーラーくん!!二人一気に変身した事なかったよ!」

「今回はケンカせずにすむね(笑)」


DSCF3620.jpg
「時々お洋服交換しようね」

「去年のハロウィンの服も着てみたいよね!!」


今回は二人揃って仲良く変身したダッフィーたち。

それぞれの性格がでているような服になっている気がするかも…ね。

カウネット

うちの会社は事務用品を時々カウネットで買う。

そしてカウネットは時々オマケをくれる。

CMがやってるのを1回見たことがあるんだけど…

DSCF3630.jpg
5000円以上お買い上げでもれなくカウ坊とカウリン付いてきます

結構お気に入り!


ちなみに前回は
DSCF3629.jpg
カウ坊だけでした



DSCF3631.jpg
もちろん、私がこれをもらってしまっているのは商品が届いた時開封した私(とオツボネ)だけがしっていることなのさ…フフフ。
 | ホーム |  » page top